Home

昭和 の 喜劇 映画

団塊世代の友人たちと飲んでいて、「昭和の 」になると途端に話が弾むことがある。とりわけ昭和35年から昭和50年あたりは1年ごとに輪切りした. · リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は. 森田芳光監督作品の中ではダントツに一番好き。非常に変わった映画で、好き嫌いがかなりはっきり分かれると思う。夏の北海道、渡島を舞台に、ある組織に雇われた医者と謎の若者、そして組織から派遣された女性の奇妙な共同生活の一幕を描く。主演は沢田研二。今ではソフトバンクCMでおなじみの樋口可南子がめちゃ可愛いのも見所。 夏の道南というのは、それだけでどこか不穏な空気が漂っている。さんさんと降り注ぐ太陽と青々とした森、そしてどこか冷や汗を誘うような涼しさと空気感。そんな渡島の雰囲気が、この三人の奇妙な関係性をそこはかとなく魅力あるものに仕立て上げている。 このアートワークとかもほんと最高! 関連記事 おすすめの映画ランキング ベスト15をご紹介 昭和 の 喜劇 映画 - 文化ウェブbeta おすすめの映画ランキング ベスト15をご紹介 感動できる深い映画27作品を感想付きでご紹介します 青春映画ならこれがおすすめ! 7作品をご紹介 実話に基づいた映画 11本のおすすめ作品をご紹介 アクション映画のおすすめ! 厳選の17本をご紹介 鳥肌!号泣!おすすめの韓国映画7本をご紹介します ゾクゾク来る名作サスペンス映画、おすすめの13本をご紹介 日々のストレスを吹っ飛ばす、おすすめのミュージカル映画6本 大人も子供も楽しめる傑作アニメ映画5本 恋愛映画はこれがおすすめ! 心に残る7本をご紹介. 昭和下町喜劇の秀作を紹介。「特集:優秀映画鑑賞会 昭和下町喜劇の系譜」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。.

はじめに 「昭和の喜劇映画シリーズもの」へご訪問頂きありがとうございます。このサイトは、昭和の時代に製作されたシリーズもの喜劇映画を中心に、各作品の スタッフ、出演者、あらすじ、見所を紹介するデータベース的サイトです 。. 超過激なアナーキスト、奥崎謙三が戦時中にニューギニアで起きたある事件の真相を追うべく、当時の兵士達を追求していく様子をとらえたドキュメンタリー。奥崎はこれ以前には一般参賀の際に天皇陛下をパチンコ玉で攻撃したという罪で服役したという強烈な実績ももっている、本物のアレな人である。 今でいえば中二病やネトウヨ的なものや真面目系クズの悪い部分だけを純粋培養して作り上げたような異様な光景が広がっている。ちなみにマイケル・ムーアはこの映画のメタメッセージを受け取る事に失敗しつつも大きな影響を受けてドキュメンタリー作家を志したらしい。映画史上最も大きな誤配のひとつだろう。. 原作は筒井康隆、監督は大林宣彦。そしていまではすっかり「善の美魔女」ポジションを確立したような感じもある原田知世が主演。リメイクも盛んに作られているので名前だけは聞いた事がある、という人も多いかもしれないが、ストレートに良い映画とはとても言い難くて、相当変わった映画だ。例えば出演者達のセリフ回しが棒読みなのは、大林監督があえてそういう演出をしたかららしい。日本のアイドルはあまり歌や演技が上手すぎるとファンが喜ばない。こういった今では割と通説的な部分を先駆的に感じ取って実践していたという意味でも偉大な功績である。 映画最終版のタイムスリップのシーンは本当に感動的で、アイドル映画が突然哲学的・宗教的な領域に入り込んでいく。ケミカルブラザーズの「Swoon」てこれをパクってるとしか思えないんですけど、だれか詳しい方教えて下さい。 The Chemical Brothers - Swoon.

「おちょやん」の. 」でも参考資料として中心的に扱われているように、映画という枠を完全に超えて文芸作品として世界の歴史に残るであろう映画。人は弱く愚かなので、真実と向き合って生きていくことは非常に難しい。時には真実と向き合わざるを得なくて絶望的な気持ちになったりもする。まあそれでも生きていくしかないじゃないか、という内容。 1950年の映画でありながら、話の語り口や映像の迫力、そして三船敏郎をはじめとした役者たちの魅力は全く新鮮。「世界の黒澤」も年代の日本においてはヘタレ愛国者による「こんなにすごい日本」キャンペーンの材料になってしまった。彼らは一本でも黒澤の映画を観た事があるのだろうか。. 昭和30~40年代の喜劇シリーズからalways 三丁目の夕日シリーズまで 昭和の時代に製作されたシリーズもの喜劇映画の スタッフ、出演者、あらすじ、見所を紹介するサイトです. 昭和30~40年、高度経済成長期の日本のパワーの源になったのが、国民的映画として人々を爆笑の渦に巻き込んだ「東宝喜劇シリーズ」。クレージーキャッツ「無責任」「日本一」シリーズ、森繁久彌「社長」「駅前」シリーズなど、その中の選りすぐりの傑作50作品が、解説マガジン付きで今.

監督 黒澤明 主演 三船敏郎 京マチ子 日本公開 大映 1950年 1951年のベネチア映画祭に出品されていた黒澤明監督の「羅生門」がグランプリを取った。いきなり世界の目が日本の映画に向き、黒澤明や三船敏郎が脚光を浴びた。 作品は芥川竜之介の短編小説であった「藪の中」が原作で、脚本は伊丹万作の弟子橋本忍が黒澤と手がけた。 舞台は打ち続く戦乱と疫病、天災で荒れ果てた平安京の羅生門、旅の武士(森雅之)は妻(京まち子)を連れて森の中で盗賊多襄丸(三船敏郎)とはち合わせる。その妻の美しさに魅せられた多襄丸は武士を襲って縛り上げた。やがて武士の死体が発見され、検非違使は全員を捕まえて取り調べる。目撃者なども証言したがみんな、武士の死については自分に都合のよい嘘を言い張った。この盗賊多襄丸と武士そしてその妻の3人ともが嘘をついていて、あまりにも浅はかなものだったのです。 この映画が上映された年には朝鮮動乱があった。戦後まだ5年目であった当時の世の中も「藪の中」であった。. Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. ランデが活躍,最初の国際的喜劇俳優となり,12年以降 M. 昭和の名作喜劇を上映。「特集:喜劇 昭和名作シネマ」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。特集:喜劇 昭和名作シネマの上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。. 映画 > 映画の一覧 > ザ・ドリフターズの映画. 監督 小津安二郎 主演 笠智衆 原節子 日本公開 松竹 1953年 今なお、小津安二郎監督の東京物語は世代を超えて人気がある。 尾道から子供たち3人のいる大都会東京に出てきた老夫婦の周吉(笠智衆)ととみ(東山千栄子)でした。長男(山村聡)は開業医、長女(杉村春子)は下町で美容院を営み、戦死した次男の妻紀子がいる。子供たちにはそれぞれの生活で忙しく、居場所がない老夫婦でした。ただ暖かくしてくれたのは血のつながりのない紀子でした。東京で疲れて尾道に帰る途中、とみが倒れてやがて息を引き取ったのでした。尾道に皆が集まりましたが、葬儀が終わっても周吉の世話をしてくれたのが紀子でした。「あんたはいい人じゃ」と周吉がいい、周吉から妻の形見だといって時計を渡されて、紀子は号泣する。紀子はやがて紀子は新しい人生を決めたかのように尾道から東京に戻る。周吉は一人残って尾道の海を静かに眺めていた。 ちょうど朝鮮戦争が休戦となったころでした。なんの変哲もない日常の下町を描いた「小津調」と今でも慕われる名画でした。.

リモコンのbs押して 11 押すだけ! bs11 オフィシャルサイトです。 番組表、おすすめ番組、アジア・韓国ドラマ、アニメ、競馬、ドキュメンタリーなどの番組情報をお届け。. 年4月9日(火)創刊! 「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」(講談社)の公式ブログです。隔週火曜日、全50巻刊行。クレージーキャッツ、社長シリーズ、てなもんやシリーズなど、昭和30~40年代を爆笑の渦に巻き込んだ「東宝喜劇」が今、甦る!. · 大正時代末~昭和時代に200本以上の映画やドラマに出演し「大阪のお母さん」と親しまれた上方喜劇(かみがたきげき)女. Amazonでの東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン 年 4/23号 分冊百科。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 昭和キネマ横丁で知る日本映画の底力 KADOKAWA 角川書店、松竹、東映、東宝、日活のライブラリーにある昭和の日本映画150本が一挙にレンタル化。 戦後日本の復興に花を添えた名作の数々を、この機会に振り返ろう!. 監督 溝口健二 主演 田中絹代 三船敏郎 日本公開 新東宝 1952年 井原西鶴の「好色一代女」が原作で、巨匠溝口健二監督、主演はすでに大スターであった田中絹代が江戸時代の遊郭などの落ちてたくましく生きた女を描いた。御所にもあがった良家の娘お春は美しかった。若侍の勝之助(三船敏郎)がお春を口説いて通じたため不義密通とされ、死罪にまたお春は京都追放になった。その後お春は大名の側室、遊女、商家、結婚、駆け落ち、街娼と転落してゆく。 女の周りで浮いては消える滑稽に見える男どもとの人間喜劇でありました。男たちに翻弄された女の悲劇を田中絹代が一世一代の名演技を見せたといわれています。 ちょうど日本の主権がサンフランシスコ講和条約発効で回復した年でした。. 年に無くなった菅原文太氏の代表作、「仁義なき戦い」の2作目。スピンオフ的な扱いでありながらもかなり評価が高い。僕は個人的には3作目の代理戦争が一番好きだが、一番語りたくなってしまうのはやっぱり広島死闘編かな。組織のしがらみや上からの圧力の中で居場所を失って潰されてしまう若者を描いている。 仁義なき戦い全般に言える事だが、やくざ映画はただ単に暴力的で男性的な映画であるだけではなく、こういった社会の本質的な不条理を描いている作品が多い。一作目が大ヒットしたのは、高度経済成長の企業社会に対して不満を抱いていた一部のサラリーマンたちの心をつかんだかららしい。.

監督 黒澤明 主演 志村喬 三船敏郎 日本公開 東宝 1954年 戦国時代も末期、豊作の村を毎年のように襲ってくる野盗集団がいた。村の長老は侍を雇って村を守ろうとしました。その熱意に答えて七人の侍が村にきました。村人の竹槍と共に七人は柵や堀に敵を導き討ち取り、やがて追い払ったのです。当時この人馬あいうつ死闘などが、米西部劇より迫力があって面白いと評価されたのです。黒澤明監督は大成功をおさめました。もともと黒澤監督が尊敬していたジョン・フォード監督西部劇の影響も受けていたそうです。 配役はリーダーを志村喬、菊千代を三船敏郎、その他木村功、稲葉義男、加藤大介、千秋実る、宮口精二の七人でした。 この映画は後に焼き直されて「荒野の七人」としてハリウッドでもリメイク制作され大ヒットしたのです。ヴェネチア国際映画祭銀師子賞受賞しています。. 監督 木下恵介 昭和 の 喜劇 映画 主演 有田紀子 田中晋二 日本公開 松竹1955年 原作は歌人伊藤左千夫の小説「野菊の墓」でした。木下恵介監督は自然豊かな北信濃で主人公政夫(田中晋二)と二歳年上の美しい従姉妹の悲恋物語を描いた映画です。 もう半世紀を経ていた主人公政夫(演じるのは笠智衆)は年老いてから恋人だった民子(有田紀子)の墓に野菊を供えにふるさとへ帰省し、そこで当時の回想に浸ったのでした。 そのころ政夫の母が体が弱いので、従姉妹の民子が住み込みで手伝いにきてくれていました。村の住民が妬むほど仲がよくて時に喧嘩もしますが、なにはばかることもないような仲の良さが、やがて恋に変っていきました。ところが政夫は旧制中学に進み、遠くで入寮することになったのでした。ふたりは霧の流れる渡し場で別れなくてはなりませんでした。 時が流れ、民子は政夫を忘れての結婚を説得され嫁ぎましたが、嫁いだ後も政夫のことが忘れられなかったので、婚家では疎まれ続け、やがて流産をして体を痛めた末に息を引き取ってしまいました。手には政夫の手紙とリンドウの花が握られたままだったのです。授業中に民子が亡くなったと呼び戻された政夫は、あの頃に自分がリンドウで、民子は野菊の花のようと語り合ったことを思い出すのでした。 当時の時代が持っていた田舎特有の因習や貧しさから、天真爛漫の二人の恋は途絶えたのでした。 経済が復興から成長を始めた世相に逆らうような純粋で美しい悲恋物語でした。. 監督 木下恵介 主演 高峰 秀子 日本公開 松竹 1954年 坪井栄の小説「二十四(にじゅうし)の瞳」が原作です。監督が木下恵介で主演の小豆島にある小さな分教場の大石先生を高峰秀子が演じました。時代は日本で不況がつづき、やがて満州事変、日中戦争へとまっさかさまに破局に向っていくような時代でした。島の若者も次々と出征して戦死、大石先生は軍人になりたいという教え子を「命を大切に」と諭しました。「アカ」との噂が立ちました。 やがて先生は若い遊覧船の機関士と結婚して3人の子供に恵まれました。しかし夫は召集されて戦死。そして敗戦、食糧難で娘も柿の木から落ちて死亡、先生も変転を重ねていきました。 やがて教壇に戻った先生は、かっての子供たちがまた戻ってきたように感じ、永遠のつながりを営んでいるように子供たちの24の瞳が見上げているのでした。 日本が戦争に突入し、これに呑み込まれていった女教師と子どもたち、その苦難と悲劇から戦争の悲惨さと悲劇を描きました。この映画を見たたくさんの人は涙を止められなかったのです. 全く予備知識無しで観たほうが良いと思うので、あらすじは書きません。これから観るという人も、出来ればAmazonの解説等は見ずに観た方が良いと思うな。それだけ、何を言ってもネタバレになってしまうような重層的な仕掛けがなされた作品。主演は渡瀬恒彦で、とんでもないアクションシーンをスタント無しでこなしている。あるポイントを境に渡瀬演じる主人公が「狂った野獣」としか言いようが無い文字通りの暴走ぶりを発揮する。 詳しくは知らないのだけれど、キアヌリーブスの「スピード」って間違いなくこれをパクってますよね。. 監督 川島雄三 主演 フランキー堺 石原裕次郎 小林明 左幸子 南田洋子 日本公開 日活 1957年 川島雄三監督の日活映画「幕末太陽傳」は当時人気が出ていたフランキー堺を主役佐平治に抜擢、幕末ドタバタの太陽族のような幕末の志士に石原裕次郎、小林旭、二谷英明たちが出演しました。 この喜劇は当時の遊郭が舞台で、遊女役には左幸子や南田洋子が出演していました。落語の「居残り佐平治」などに題材をとったものでした。 幕末の文久2年、品川遊郭、お大尽きどりの佐平治(フランキー堺)は仲間たちを引き連れて遊郭でドンちゃん騒ぎ、会計に残ったのは佐平治だけ、一銭も持たないでそのまま居残り、支払いも先延ばし、やがて露見したあげくに、佐平治は遊郭でただ働きをして借りを返すことになります。 持って生まれた才能をフルに発揮し、楼内でのトラブル怪傑に大活躍、おそめ(左幸子)やこはる(南田洋子)の女郎たちにもすっかり人気者になったのでした。一方尊皇攘夷をかかげた長州の高杉晋作たちは品川沖まで佐平治たちと漕ぎ出して、密航の秘密を守るためと、佐平治は斬られそうになりますが、ここでも上手い啖呵を切り危機を逃れました。 フランキー堺は元々はJAZZ演奏のドラマーでした。慶応ボーイ時代から進駐軍に出入りした佐平治のような才人でした。この映画の後、「駅前シリーズ」や「社長シリーズ」などのコメディーでも一世を風靡しました。 2月には岸内閣で日米安保体制を目指し、経済は復興し戦後からの成長が始まっていました。当時「太陽族」への風当たりもあって、映画会社と監督たちの間では軋轢が絶えなかったとのことでした。. 昭和 の 喜劇 映画 確かたけしが影響を受けた映画の一本に挙げていた。「マッドマックス2」と「時計じかけのオレンジ」を混ぜたものを暴走族でやってみた、という感じの映画。舞台は近未来の日本。暴走族が警察に飼いならされてしまった現状に反発し、一人で戦い続ける男の物語。 色々あって主人公は上記の画像のような姿になってしまう。ここでもパクリ考察を入れておくと、これはロボコップの元ネタになったのでは?と見た瞬間思った。.

世界のクロサワやミフネが銀幕で活躍を始めて、日本映画界も自信ができたのか、つぎつぎと邦画の名作をヒットさせていきました。とくにこのころは日本映画史上でも数多くの名作とよばれた作品を生んでいきました。 それでは1950年代の名作といわれる邦画10作品をご覧ください。 ※なお記載の年は日本での放映開始年です。 昭和1960年代の名作邦画については次の記事に詳しく書いてあります。 >>>昭和の名作邦画Ⅱ 1960年代懐かしすぎっ!. 。. 昭和30~40年代、高度経済成長期ハッスル日本のパワーの源となったのが、国民的映画として人々を爆笑の渦に巻き込んだ「東宝喜劇シリーズ」。 その中の選りすぐりの傑作50作品が、解説マガジン付きで今、復活。. 私たちは、映画を通してシニアの心の充実を応援していきます。 『昭和キネマ横丁』年1月22日スタート! ※お取り扱いのない店舗もございます。詳しくは店舗スタッフにお尋ねください。 「日本映画が日本を元気に!. 大好評 「東宝 昭和の爆笑喜劇dvdマガジン」 のマガジンには、「映画見どころ虎の巻」が収録されています。 4月23日(火)に発売される第2号『日本一のホラ吹き男』 にももちろん収録。そのなかから「笑いのツボ」を映画本編映像でご紹介! 監督 稲垣浩 脚本 伊丹万作 主演 三船敏郎 高峰秀子 日本公開 大映 リメイク版1957年 1958年 ベネチア映画祭グランプリ この映画は、かって戦時中1943年に一度稲垣監督で映画になっていて、公開がちょうど学徒出陣のころで、戦局は負けの様相で、生活も窮乏を極めたころでした。 舞台は九州の小倉、独身の人力車夫松五郎(坂東妻三郎、リメイクでは三船敏郎)は飲む打つ買うの無軌道な男で曲がったことは大嫌いでした。 ある日堀に落ちてけがをした少年・敏雄(長門裕之)を助ける。敏雄の父親は陸軍吉岡大尉(永田靖)で、その性格を気に入られた松五郎はその家に出入りするようになりました。しかし大尉はやがて急病でなくなり、後には良子夫人(園井恵子、リメイクで高峰秀子)と一人息子敏雄が残される。婦人は息子を強い男にしてほしいと松五郎に期待したのです。松五郎もやる気で張り切り、やがて夫人への思いが募りだしたのです。 敏雄はやがて剛毅に育つが松五郎が「ぼんぼん」と呼ぶのを嫌って離れだすのでした。祭りの祇園太鼓を情熱をこめて叩く松五郎は恋慕の表情だったが、暗い時代は恋慕の画面を検閲でカットしました。やがて衰えて死んでいった松五郎、その貧弱な遺品の中から、夫人と敏雄のために預金を貯めていた通帳を見つけ、夫人は松五郎の真情をこのときに気づき泣き崩れるのでした。 稲垣監督のリメーク版はカラーで、もっとも有名なものでした。また「無法松の一生」は舞台演劇や歌謡としてもたくさん上演されてきました。.

藤本真澄、東宝映画を支えた名プロデューサー 東宝昭和喜劇 藤本真澄さん(ふじもとさねずみ、1910年7月15日~1979年5月2日)の生まれた日です。 映画会社の元東宝副社長であり、制作部門を分社化した東宝映画の初代社長でもあります。. 喜劇映画パラダイス 上映期間. 年から日本喜劇人協会の会長を務め、後進の指導とともに協会の行く末を気にかけていた。 昭和、平成、令和を駆け抜け、日本の芸能史に. 年12月19日 21:30 67. 日本映画・落語・昭和歌謡から、世間の話題まで鋭くえぐり取らないささやかなコラム。.

初代 渋谷 天外 (享年35) 大正5年(1916) 12月18日 没; 中島 昭和 の 喜劇 映画 楽翁 昭和 の 喜劇 映画 (享年37) 大正9年(1920). See 昭和 の 喜劇 映画 full list on showa-love. 昭和天皇モデルの「不敬映画と書かれた」 ピンク映画の監督らが新潮社を提訴 荒木太郎さん(左)と今岡信治さん(年11月11日/弁護士. 昭和おんな博徒の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。“女賭博師”江波杏子の東映初出澄。父親、恋人の仇を追って女渡世. 監督 本多猪四郎 特技監督 円谷英二 主演 志村喬 宝田明 河内桃子 平田明彦 日本公開 東宝 1954年 主演はゴジラでした。この年の3月にはアメリカによるビキニ環礁水爆実験があり、マグロ漁船第5福竜丸が死の灰をかぶって帰ってきた。日本で初めてのSF超大作映画ゴジラはこうした戦後10年の冷戦核競争時代の申し子でありました。小笠原諸島のある太平洋の底深くに潜んでいた伝説の太古の巨大生物が核実験のために怒り暴れだしたのでした。それが突然に東京湾から上陸してきたのです。 熱線を吐き高圧電流の防御や防衛隊の戦車をものともせずに、東京の街を焼き尽くしながら、銀座、新橋、田町、芝から国会議事堂も破壊し、襲いかかるジェット戦闘機も払いのけたのです。ついこの間の米軍の東京大空襲で日本といっしょに落ち込んでいた若い科学者(志村喬)は考えていた新恐怖兵器を使うべきか迷いましたが、ついにゴジラが潜む海底に兵器を持って潜っていきました。もし今後水爆実験を続けたら、またゴジラのような巨大生物が現れてくるぞというメッセージを残したのでした。 この映画はハリウッドで買い取られてリメイクされ、1956年に『Godzilla, King of the Monsters! 年1月3日(月)~2月4日(金) 昭和のお正月、映画館には 喜劇映画の明るい笑いがこだましていた。 笑う角には福来る、エノケン、ロッパに金語楼、森繁・伴淳・フランキー、三木のり平、渥美清にクレイジー. 新春!喜劇映画デラックス 上映期間. 喜劇 東京ものがたり.

そんな日本映画を代表する映画会社・松竹の昭和20年代から30年代の傑作15本を厳選収録した愛蔵版dvdコレクションをあなたにお薦めします。 日本映画の「戦後黄金期」を築いた名監督の傑作と、名優たちの熱演を、ぜひ本全集でたっぷりとお楽しみください。. 昭和の三大喜劇王特集。 人々を笑いの渦に巻き込んだ、エノケン、ロッパ、金語楼の三人を映画や歌で紹介します! エノケンの貴重な. 株式会社講談社のプレスリリース(年8月9日 18時52分)クレージー映画人気ベスト10がそろい踏み!東宝 昭和の爆笑喜劇dvdマガジンで昭和の. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 喜劇映画の用語解説 - 映画のジャンルの一つ。映画の誕生とともに,ギャグをふんだんに活用した映画が撮影され,次第に無声時代の短編喜劇のジャンルを形成していった。 1907年から M. 年5月15日(土)~6月18日(金) 昭和の銀幕には喜劇人の笑いが溢れていた。 エノケン、ロッパに金語楼、クレージーにドリフ、そしてトニー谷に三木のり平、脱線トリオに立川談志まで. しかし、後妻の献身的な看護と、病床を訪ねた喜劇王ハロルド・ロイド(ロイドも撮影で指を失っている)の励ましにより、生きる気力を取り戻した。 その後、精巧な義足を得て、舞台・映画に復帰。1966年(昭和41年)には芸術祭奨励賞受賞。榎本はその後.

昭和36年に「喜劇・駅前団地. See full list on digihows.